トリキュラーによるむくみが気になる女性

トリキュラーとは経口避妊薬の一つですが、実際に使ってみた人の中には体がむくんだという方がいらっしゃるようです。トリキュラーを服用すると体がむくむのか、当サイトではトリキュラーによる「むくみ」について探ってみました。

避妊法のピル、IUDとトリキュラーは生理をずらす

避妊にはさまざまな種類があります。一番一般的なのはコンドームの装着です。安価で比較的手に入りやすいため、たいていのカップルはこの方法を利用しています。しかし、男性主体の方法であるため男性側に拒否されると避妊ができない、破れやすいなどのデメリットもあります。女性主体の避妊方法としてはピルを服用する、IUDを装着するなどがあります。ピルはエストロゲンとプロエストロゲンというホルモンが入った薬を、毎日決まった時間に1錠服用することにより、体が妊娠状態と勘違いして排卵を抑制する仕組みです。排卵が起こらないので、結果的に妊娠することはありません。避妊効果以外にも生理に伴う腹痛、吐き気、肌荒れなども防いでくれる優れものです。日本で良く処方されているのはトリキュラーという種類です。服用を継続することにより卵巣がんや子宮内膜症の予防にもなります。ピルは生理をずらすこともできるので、大事なイベントもストレスなく迎えることができます。体質的に血栓ができやすい、コレステロール値が高い人などは処方が難しい場合もありますので、個人輸入などで服用を始めずに、まずは産婦人科を受診して専門医の指示のもと服用を開始しましょう。もう1つの方法IUDの装着とは、産婦人科で子宮内に専用の器具を入れる方法です。一度装着すると数年間効果が持続し、高い避妊効果を得られます。授乳中でも問題なく装着が可能なため、第一子誕生後に装着する女性も多いです。デメリットとしては、産婦人科で施術が必要な点と、装着時に痛みがあること、人によっては生理の出血量が増えることです。自分に一番合った避妊方法を選択し、しっかりと望まない妊娠を防ぎましょう。